エネルギーサービスマネジメント(太陽光発電監視)

病院・診療所に最適な消火設備をお探しの方へ。スプリンクラーより最適な選択肢があります。<br />
それがパッケージ型自動消化設備「スプリネックス」です。
太陽光発電見える化システム「AEMSクラウド」

-Active Energy Management System-
国内No.1の機能を搭載した、太陽光監視システム!

Active Energy Management Systemの中核となるクラウドアプリケーションの5つの特徴

[AEMS-CLOUD」画面イメージ

TOP画面(ダッシュボード)で現在の発電量、当日の発電量、日射量、気温、売電量等の情報並びにカメラ画像を確認できます。

管理画面TOPイメージ 図面から管理 単線結線図&現場図面
管理画面TOPイメージ
ダッシュボード
図面から管理 単線結線図&現場図面

[AEMSノード」に収集される各種情報(データ)がインターネットを介してクラウドサーバに格納されます。
ユーザは、インターネットを使用していつでもどこでも発電所の状態を確認できます。

マウンテンフィールズ監視センターで発電所の状態を常に監視し、異常があった場合には保守管理者へ即座(自動的に)に連絡が入ります。
AEMSノードの特徴・機能仕様

AESMのフロントエンドとなるデータ収集システムの特徴

  • LinuxBoxにルーター機能や暗号通信
  • リモートコマンド実行機能を搭載リモートからの
    PCS機器制御コマンドへの対応
  • PVsystemごとにデータ取得機能をカスタマイズ
    • 特定のメーカ製PCSにとらわれないシステム構築が可能
      ストリング監視対応などの追加構成が容易
AEMSノード機能仕様
FutureNet MA-810
価格:オープンプライス
消費電力 約2.5W
動作環境条件 温度 
       湿度 
-20℃〜60℃(本体のみ)
25%〜85%(結露なきこと)
SDHC対応 SDカード 1スロット
RS-232(DTE) 3ポート
(Max230.4kbps)
外観寸法
(突起物を除く)
115mm(W)×91mm(D)
×42mm(H)
AEMSノードの特徴・機能仕様
■ PVsystemManagement計測(M)
  • PCSから取得する発電状況の収集 クラウドサービスで集計を実施し現状を表示し、計画値や過去実績値と比較
  • アレイ単位の発電量の収集(ストリング単位の発電量の収集も可)
->太陽光パネルの現状把握。
    パネルの汚れや劣化、破損などのメンテナンス情報として利用
  • 通信回線が確立されていない場合には通信ノード内のフラッシュメモリに1次保管し、データロストを防ぐ。
    復旧後クラウドサーバーへ送信
■ PVsystemManagementー表示
  • (I)全発電所を表示
    • 全体の状況概要を把握
    • アラートが発生した発電所を強調表示(赤)
  • アラートが発生した発電所の状況を表示
    • アラートが発生した発電所のPCSの状況をPCSごとに表示
  • 発電所に設置したネットワークカメラで状況を表示
    • ネットワークカメラを使用して状況をリモート監視
■ PVsystemManagementー監視(S)
  • 収集・蓄積された発電データをトレンドグラフとして表示
    • リアルタイムグラフ、前年比、計画比など
  • アラートが発生した発電所のPCSの状況と過去実績を表示
■ PVsystemManagementー管理(A)
  • 指定期間の発電量、売電量などのデータ表示とCSVデータでのダウンロード
    • グラフ、一覧表など、CSVでのダウンロード
  • アラート履歴の表示
  • 定期レポートの自動作成と保管(1年間は自動保管、長期保管のポリシーに関しては御社と協議の上、決定)
    • 週次や月次などの一定間隔でグラフや一覧データをその時点のスナップショットとしてPDFファイルを作成
1分で分かるサービス 紹介映像

このページのトップへ

低圧系太陽光発電見える化システム「Pmonz」

クラウド遠隔モニタリングサービス (小規模太陽光発電専用)
小規模産業用太陽光発電所に向けた”低価格+高機能”をついに実現!!

小規模発電は新しい時代を迎えました

Pmonz(ピーモンゼット)の仕組み
  1. 太陽パネルが発電した電気をパワーコンディショナーが三相交流電流に変換します。
  2. Pmonz(ピーモンゼット)がデータを収集。発電状況を3G回線を使用して、1分毎にサーバーへ送ります。※サーバーは送られてきたデータを1分毎に蓄積します。
  3. ご契約者は、パソコン、タブレット、スマートフォンからサーバーにアクセスして常時発電状況のモニタリングと過去のデータを見ることができます。

通常のご契約に、日射計と温度計のオプション(有料)を加えることができます。

Pmonzサービス使用機器構成

PモンZサービス使用機器構成

使用機器構成 W(mm) H(mm) D(mm) 備考
3Gアンテナ 60.0 35.0 20.0 ケーブルは除く
データ送信用ゲートウェイ 81.0 40.2 137.0 突起物、取付金具部除く
ゲートウェイ用アダプター 49.0 27.0 68.5 突起/ケーブル/コネクタ部除く
標準ボックス 380.0 280.0 132.0 突起部除く
設置条件 契約金
  • PモンZがデータ機器を直射日光が当たる場所、湿度の高い場所には設置しないでください。
  • PモンZがデータ機器は使用注意温度範囲・20 〜60 ℃、使用周囲湿度範囲10〜90%R(どちらも結露または氷結しないこと)の場所にてご使用ください。
  • パワーコンディショナーなどを、排熱機器と同じ場所に設置する場合は、十分な排熱対策(ファンの設置など)を行ってください。
  • 単相3線式、三相3線式の双方に対応しています。
  • PモンZがデータ機器には10年間のサービス利用料と機器保証が含まれています。11年目以降は最初の10年と同等の条件にて再契約いただけます。
その他
  • 機器故障時の交換期間はサービスの利用ができません。
資料ダウンロード

説明資料(PDF) ダウンロードできます。
Pmonz資料.pdf

このページのトップへ